投稿者: あっぱれ

「しんじょ」って何?

あっぱれの人気メニューの一つ「海老しんじょ」。ぷりぷりとした食感とジューシーな味わいが魅力の一品ですが、「海老しんじょの『しんじょ』って何だろう?」と思ったことはありませんか?

しんじょは、漢字で書くと「真薯」となります。料亭などでは「真蒸」や「真丈」と書かいて「しんじょう」という呼び方をする場合もありますが、元々の表記は山芋を意味する「薯」という漢字を使った「真薯」となります。その名の示す通り、しんじょとは、海老や魚の白身などをすりつぶし、つなぎに山芋を使っている、というところに大きな特徴があるのです。

同じ魚の練り物として、つみれがありますが、こちらは主に赤身の魚を使うことが多く、つなぎには、でん粉や卵を使っています。すり身をつみとりながら熱湯に入れて加熱することから、「抓み入れる」→「抓入れ」→「つみれ」と呼ばれるようになったそうです。

料理の名前には、その調理の過程や方法が隠れていることがあるのですね。