投稿者: あっぱれ

寒サバ

刺身五種盛り合わせ

春から初夏に産卵期を迎えるサバは、晩秋から2月ごろまでが、一番脂がのった美味しい季節となっています。一般的に、10月から11月頃のものは「秋サバ」、12月から2月頃までのものは「寒サバ」と呼ばれています。寒サバならではの、シコシコとした食感と濃厚な旨味をぜひお楽しみください。

サバは魚の中でも特に痛みが早いため、昔は生で食べられる地域が限られていたのだそうです。数をごまかすことを「さば読む」と言いますが、この「さば」は、傷みやすいサバを急いで数えて数をごまかした…ということに由来しているのだとか。

サバには血流や代謝を高めるEPAやDHAなどの栄養素や、シミやそばかすに効果があるとされるビタミンBなどが豊富に含まれています。サバを食べて美肌をキープすれば、年齢もさば読めてしまうかもしれませんね。